TLM-QCW

TLM-50/500-QCW

QCWツリウムレーザー

IPG Photonicsは疑似連続波(QCW)ファイバーレーザーシリーズをさらに長い波長へと広げました。TLM-50/500-QCWツリウム準CWファイバーレーザーは、最大2ミクロンでミリ秒あたり5 mJまでのパルスを実現します。エネルギー効率と信頼性の高いこのコンパクトなレーザーは、泌尿器学、尿路結石除去術、一般外科において観血手術/腹腔鏡/内視鏡による軟組織の切開、切除、アブレーション、気化、凝固、止血を行う外科手術用の医療機器に統合するように設計されています。ご要望に応じて、二波長の2.1および1.94ミクロンモデル利用が可能です。

3D

機能

波長1940 nm 500 Wの最大出力
最大5 mJのパルスエネルギー 0.2~10 msのパルス幅
波長* nm 1940** typ. 1880 min., 2100 max.
放射帯域幅 FWHM nm < 10
動作モード CWまたはパルス
パルス繰り返し率 Hz 単一パルス - 100
最大平均出力 W 50
最大出力 W 500
最大パルスエネルギー J 5 @ 10 ms
パルス幅 ms 0.2 - 10
電力可変性 % 10 - 100
電力安定性*** % ± 2.5
出力ファイバーコア径 μm 100 typ.
ファイバー適用外 0.22

*ご要望に応じて、指定された領域で他の波長の利用が可能です。

**ご要望に応じて二波長モジュールの利用が可能です。IPG各拠点にお問い合わせください。 

***1時間超

パイロットビーム波長 nm

532

パイロットビーム出力 mW

< 5

サイズ(幅×奥行×高さ) mm

336 × 435 × 148

重量 kg

< 25

電力消費 W

< 600

冷却

空冷

TLM-50-500-QCWデータシート

アプリケーション

泌尿器学の観血手術および内視鏡手術
結石破砕術および経皮的尿路結石除去術
一般外科
お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。