DLM-QCW

DLM-QCWシリーズ

QCWダイオードレーザー

IPG Photonicsは、中心波長895 nm、最大出力6 kWのハイパワー疑似連続波(QCW)ダイオードレーザー、DLM-QCWシリーズを提供します。これらのOEMモジュールは、脱毛、色素性病変、血管病変の治療などさまざまなアプリケーション用のレーザー医療システムに簡単に組み込めるように設計されています。DLM-QCWシリーズダイオードレーザーは、柔軟な600 μmコア径でエネルギーを発し、ハンドヘルド式アプリケーターにシームレスに統合します。エンドユーザーにとって使いやすい管理インターフェースと内蔵AC電源を備えたラックマウントユニットも研究開発アプリケーション用に提供しています。

3D

機能

動作モード - パルス

コアファイバー径600 μm

最大出力6 kW 空冷式

中心波長895 nm

  DLM-300/3000-QCW DLM-600/6000-QCW
波長 nm 895
動作モード パルス
繰り返し率 Hz 最大10
最大出力 W 3000 6000
最大平均出力 W 200 300
電力安定性 %  ±5
ファイバーデリバリーコア径 mm/NA 0.6/ 0.22
  DLM-300/3000-QCW DLM-600/6000-QCW
サイズ mm 336 × 435 × 148 411 × 509 × 85
重量 kg <25 <35
冷却 空冷式
供給電圧 VDC 48
DLM-QCWシリーズデータシート

アプリケーション

皮膚科レーザー脱毛
血管病変
色素性病変
お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。