QCWファイバーレーザー

IPG Photonicsの疑似連続波(QCW)ファイバーレーザーは、

パルスモードでCWモードの10倍高い最高出力を出し、

スポット溶接、シーム溶接、穴あけ加工で使われる従来

のフラッシュランプ励起YAGレーザーに取って代わる製品

として理想的です。QCWシリーズファイバーレーザーは、

ほとんどの既存システムに置き換えることができます。

これらのコンパクトなユニットは、電力変換効率

が30%超で、メンテナンスフリーで

使用できるので、ランプ励起

YAGレーザーよりもはるかにコスト効

率に優れています。

QCWファイバーレーザー
 
YAGレーザーの置き換えに最適

IPGのQCWファイバーレーザーを使って、世界に先駆けてIPGのアプリケーション施設とアプリケーションラボで既存のランプ励起プロセスを再検証できます。IPGのQCWシリーズは、コスト効率に優れたOEMモジュールも特長としています。

 

古い実働レーザーをIPGのエネルギー効率に優れたファイバーレーザーに交換できるようにお客様をサポートいたします。

QCWレーザーの特長

最大出力  = CW平均出力の10倍 30%超を超える電力変換効率
卓越したパルス出力/エネルギーの安定性 0.05~50 msのパルス持続期間*
内部パルス発生器/パルス成形 シングルモードまたはマルチモード

*ご要望に応じて、最小パルス持続期間を10マイクロ秒とすることが可能です。IPG各拠点にお問い合わせください。

Qスイッチファイバーレーザーは、パルスエネルギーをmJ範囲で提供できますが、数キロワットの最大出力で数ジュールのパルスエネルギーを必要とする材料加工アプリケーション向けには、独自のQCWファイバーレーザーを開発しました。これらのファイバーレーザーは、キロワットクラスのCWファイバーレーザーとQスイッチパルスレーザーの間に位置するレーザーです。キロワットクラスのファイバーレーザーに非常によく似ていますが、1点大きな違いがあります。それは、稼働時の最大出力が、動作が完全にCWモード時の平均出力よりも最大10倍高くなる点です。したがって、これらのレーザーは50マイクロ秒から50ミリ秒のロングパルスで数10ジュールのエネルギーを出すことができます。

もう1つ重要なポイントは、IPGのキロワットクラス出力のイッテルビウムレーザーを変調すれば、同じ最大出力と平均出力を達成できますが、QCWレーザーの方がはるかに安いので、数100ワットの最大出力から2、3キロワットの平均出力範囲までを低コストで実現できます。

   PSG1
閉じる

個々のQCWファイバーレーザーのパルスをアナログコントロールで変調し、任意の特定アプリケーションに最適なパルスの時間波形やパルス列を達成することができます。

  • マルチパルスで穴あけ加工に対応
  • パルスを強くしてプレクリーニングに対応
  • スパイクを高めて反射性の高い材料に対応
  • パイプの溶接中心部の多孔やひけを除去
  • パルスを弱くして割れやすい材料の割れを軽減
   PSG1<
閉じる

シングルモードビーム品質の提供と非常に高いパルスエネルギーの組み合わせは、お求めやすい価格帯のレーザーではこれまで達成できませんでした。

 

フラットトップビーム像が多くのアプリケーションに最適です。YLMモジュールとYLRラックマウントユニットがシングルモードとマルチモード双方のフィードファイバーで提供されており、YLSシステムがマルチモードフィードファイバー(50ミクロン~)が提供されています。

QCW SM   QCW FT

シングルモードビームモード品質

 

 

フラットトップビーム・マルチモードビームモード

デリバリーファイバーの選択肢:50、100、200、300ミクロンコア

閉じる
  • ランプの交換が不要
  • コンパクト
  • 効率性が10倍高く、電力変換効率が30%超
  • パルス成形
  • 自由空間オプティックスなし、すべてのファイバー設計
  • 熱的、機械的に頑丈
  • フレキシブルな設置が可能
  • デリバリーファイバーの種類:シングルモード、マルチモード、フラットトップ
  • 赤色照準ダイオード
4U rack

 

 

 

 

交換

FLSSL
   
閉じる
 

YLMモジュール:

OEM・インテグレーター

YLR 19型ラックマウントラック:

コンパクトでわかりやすいインターフェース

YLSシステム:

キロワットクラスの堅牢な工業デザイン

  YLM  19 4U   system
インターフェース アナログ/RS-232/Ethernet タッチスクリーンフロントパネル、RS-232、デジタルI/O、アナログコントロール

標準:LaserNet、デジタルI/O、アナログコントロール

オプション:DeviceNet、PROFIBUS、Ethernet

閉じる
  平均出力、W 最大出力、W

筐体の寸法

(幅×奥行×高さ)、mm

フィードファイバー
YLM-75/750-QCW-AC 75 750  256 × 435 × 148

シングルモードファイバーからLC-8コネクタ

YLM-150/1500-QCW-AC  150 1500
YLR-150/1500-QCW-AC  448 × 502 × 177
YLM-250/2500-QCW-AC 250 2500 336 × 435 × 148
YLM-150/1500-QCW-MM-AC 150 1500 256 × 435 × 148

50、100、または200 μmファイバーからLC-8コネクタ

YLR-150/1500-QCW-MM-AC 448 × 502 × 177
YLM-300/3000-QCW-MM-AC 300 3000 336 × 435 × 148
YLR-300/3000-QCW-MM-AC 448 × 504 × 266 
YLM-450/4500-QCW-MM-AC 450 4500 416 × 566 × 148
YLR-450/4500-QCW-MM-AC 448 × 680 × 286
YLM-450/4500-QCW-MM-WC 411 × 509 × 85
YLR-450/4500-QCW-MM-WC 448 × 680 × 177
YLS-600/6000-QCW-AC 600 6000 775 × 800 × 550 
YLS-900/9000-QCW-WC 900 9000

1000 × 800 × 550

850 × 800 × 1100

100、200、または300 μmファイバーからHLC-8コネクタ

YLS-1200/12000-QCW-WC 1200 12000
YLS-1500/15000-QCW-WC 1500 15000
YLS-1800/18000-QCW-WC 1800 18000
YLS-2000/20000-QCW-WC 2000 20000
YLS-2300/23000-QCW-WC 2300 23000
閉じる
柔軟なレーザー 大量生産におけるファイバーレーザー微細加工

TWI(英国、ケンブリッジ)がIPGのQCWファイバーレーザーを推薦

TWIはIPGのQCWファイバーレーザーをスポット溶接、切削加工、シーム溶接、穴あけ加工アプリケーション用に推薦

TWIは、産業に応用される材料接合および工学プロセスに関する専門知識を持つ、世界でも一流の独立系研究・技術機関です。

QCW group 波長、nm  ビームモード 変調周波数
出力、平均/最大、W 
シングルモード マルチモード
DLM-QCW 895    × 最大10 Hz

300/3000 ・ 600/6000

YLM-QCW・YLR-QCW 1070±5 ×   0~50 kHz 75/750 ・ 200/2000
YLM-QCW-MM・YLR-QCW-MM    × 150/1500 ・ 450/4500
YLS-QCW 0~5 kHz 600/6000 ・ 2300/23000*

*ご要望に応じて、より高出力の電力が利用可能です。

アプリケーション

穴あけ加工 切削加工
スポット溶接 バッテリー
シーム溶接 医療機器
微細溶接 コンピュータコンポーネント
Application Note _05_ Cutting with Long Pulse Fiber Lasers YLR 150_1500-QCW-AC Application Note #15: Temporal Pulse Shaping of Millisecond High Pulse Energy Fiber Lasers

QCWファイバーレーザーは、2010年のPrism Award for Photonics Innovationを受賞

産業用レーザー部門

疑似連続波パルスファイバーレーザーにより、はるかに小型で寿命の長いダイオード励起装置が、非効率的な旧式フラッシュランプ励起半導体レーザーの後を引き継ぎます。また、電力変換効率は3%ではなく、30%です。

prism2
 
YLR-150/1500-QCW-AC  
お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。