YLPP-HP

YLPP 1~3 ps 最大100 W

高パルスエネルギーピコ秒ファイバーレーザー

YLPP-100-3-100超短パルスファイバーレーザーは、50 kHz~2 MHzの動作周波数範囲全体にわたって出される100 μJパルスエネルギーで3 ps未満のパルスを生成し、平均最大出力は100 W、最大出力は極めて高い100 MWです。当社のファイバー設計は最先端の水準をさらに上回り、従来のバルクロッドまたはディスクベースのDPSSレーザーよりも高い出力効率、信頼性、堅牢性を発揮しながら、レガシー製品よりもはるかに経済的でコンパクトなレーザーを実現しています。新しい設計アーキテクチャ、当社の柔軟なコントロール電子回路の組み合わせにより、起動時間が便利に短縮され、出力ビーム特性に影響することなく、パルスエネルギーと繰り返し率の両方を調整できます。

3D

機能

超コンパクトなヘッド 出力平均100 W 最大100 MW
50 kHz~2 MHzの幅広い動作周波数 リモートヘッドへの統合デリバリーファイバー
パルス幅3 ps未満(通常2 psまで) スキャナー組み込みオプション
パルスエネルギー最大100 μJ 秒単位のコールドスタート/ウォームスタート
  YLPP-100-3-100-R
波長 nm 1030
動作モード パルス
平均出力 W 100
パルスエネルギー μJ 100
パルス幅 ps 1~3 (2 Tyo.)
最大出力 MW 最大100
繰り返し率 kHz 50~2000
ビーム品質 M2 <1.5 (1.3 Typ.)
  YLPP-100-3-100-R
コントロールユニットサイズ(幅×奥行×高さ) mm 448 × 580 × 133
光学ヘッドサイズ(幅×奥行×高さ) mm 117 × 242 × 101
冷却方法 水冷
供給電圧 VAC 単相50~60 Hz 100240
電力消費 W <750
YLPP-100-3-100-R Datasheet

わずか数ピコ秒の持続時間のレーザーパルスにより、ピーク強度が非常に高くなって、非線形/多光子吸収が生じ、熱影響部が非常に小さい超精密な「コールド」プロセスが生まれます。

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。