ULPN-355-M

ULPN-355-M 最大5 W

UVパルスファイバーレーザーモジュール

IPG Photonicsの新しいULPN-MシリーズUVナノ秒ファイバーレーザーは、10~500 kHzの最大限の動作繰り返し率範囲で、最大5 Wの拡張可能な平均出力、1 ns パルス幅で、高い最大出力を供給します。すべてのファイバー形式により、出力ビーム特性のいずれにも影響することなく、パルスエネルギーやパルス繰り返し率を調整できます。IPGの新しいファイバーレーザーは、従来のレーザーよりも効率的かつコンパクトで、ソーラー/太陽電池の活動領域、レジスタートリミング、透過性材料のマーキングのアプリケーションに理想的です。短波長、短パルス幅、高い最大出力によって、熱影響部が非常に小さくなります。

3D

機能

波長355 nm 繰り返し率最大500 kHz
10 µJのパルスエネルギー 記録的な電力変換効率
1.2 nsのパルス幅 空冷式
10 kWの最大出力 頑丈設計
1.5未満のビーム品質M2
  ULPN-355-3-M ULPN-355-5-M
波長 nm 355
平均出力 W 3 5
パルスエネルギー μJ 10
パルス幅 ns  1.2
最大出力 kW 最大10
繰り返し率 kHz 10-500
ビーム品質 M2 <1.5
モジュールサイズ(幅×奥行×高さ) mm 270 × 255 × 75
光学ヘッドサイズ(幅×奥行×高さ) mm 97 × 254 × 140
冷却方法 空冷
供給電圧 VDC 24
電力消費 W 70
ULPN-355-M Series Datasheet

アプリケーション

微細加工 プラスチックマーキング
Siアブレーション 表面ダル加工
太陽光発電 スクライビング

ULPN-355 5 W

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。