TLM-200TLR-100TLR-200

TLM・TLR 100~200 W

シングルモードツリウムCWファイバーレーザー

IPG PhotonicsのTLM・TLRファイバーレーザーは、1800~2100 nmのスペクトル領域の高出力、コンパクト、効率性、波長選択、シングルモードCW源に関して、産業、医療、研究開発市場での高まる需要を満たすように特化して開発されてきました。1999年に初めて製造され、さまざまな研究開発や医療アプリケーションについて実地試験が行われてきました。現在TLM・TLRシリーズツリウムファイバーレーザーは、より高い出力と新しいオプションによって、研究、医療、産業分野で理想的なソリューションを提供しています。

3D

機能

最大200 Wの出力

波長のカスタマイズ

高い電力変換効率 CO2 & Ho:YAGを超える利点
優れたビーム品質 高い費用効率、コンパクトなOEMソリューション
  TLM-100 TLM-120 TLM-200
中心波長帯* nm 1900-2050   typ. 1940 nm 1900-2000, typ. 1940
線幅FWHM nm <1
動作モード CW/変調
変調周波数 kHz 最大1
平均出力** W 100 120 200
出力調整範囲 % 10-100
出力安定性*** % ±1
光学的ノイズ**** % RMS 1
ビーム品質(シングルモード) M2 <1.1

*ご要望に応じて、カスタム中心波長も利用可能です。
**出力は、波長の選択によっては制限される場合もあります。シングルモードのツリウムファイバーレーザーは、ローパワーCWレーザー群で、1~100 Wの出力範囲でも利用できます。
***4時間超、T=定数
****10 kHz~20 MHz

   TLM-100 TLM-120  TLM-200
モジュールサイズ(幅×奥行×高さ) mm TLM-200355 × 407 × 54
重量 kg <20
冷却  水冷式
供給電圧 VDC 48
電力消費 W <900 <1200 <2000
TLM-200 Datasheet

機能

200 Wの高出力

波長のカスタマイズ

高い電力変換効率 CO2 & Ho:YAGを超える利点
優れたビーム品質 高い費用効率、コンパクトなOEMソリューション
  TLR-100 TLR-120 TLR-200
中心波長帯*、nm 1900-2050, 1940 typ. 1900-2000, 1940 typ.
線幅FWHM、nm  <1
動作モード CW/変調
変調周波数、kHz <1
最大平均出力**、W 100 120 200
電力安定性(4時間超、T=定数)、% 10-100
電力安定性***、% ±1
光学的ノイズ(10 kHz~20 MHz)、% RMS <2, typ.1
偏光**** ランダム
ビーム品質(シングルモード)、M2 <1.1

*ご要望に応じて、指定された範囲でカスタム中心波長を利用可能です。指定がない場合は1940 nmです。
**最大出力は、波長の選択によっては制限される場合もあります。ローパワーCWファイバーレーザー群では、10~100 Wのより低い電力モデルをOEMモジュールおよび19インチラックマウント型ユニットの両方で使用することができます。
***リニア偏光TLR-LPは、1~100 Wの範囲に合わせて作成されています。

  TLR-100 TLR-120 TLR-200
コンソールの寸法、mm TLR-100448 × 403 × 132 TLR-200448 × 677 × 177
重量、kg <40
冷却
供給電圧、VAC 単相50~60 Hz、110~220
電力消費、W  <1200 <1400  <1800
TLR-200 Datasheet

アプリケーション

治療 プラスチックの切削加工と溶接
外科 非金属材料の加工
皮膚科 防汚/遠隔感知

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。