FLT, 50-300 mW

FLT 50~300 mW

Fe:ZnSe/S CW狭線チューニング可能中赤外レーザー

IPGのFLTは、狭線幅および極低温冷却システムを特徴とするチューニング可能Fe:ZnSe/S連続波レーザーです。これは3.7~4.8 μmの同調範囲で100 mW超の出力を供給し、同調曲線のピークで300 mW超を生成します。スペクトル線の幅は、TEM00のビームモードで1 nm未満です。FLTレーザーは、IPG Photonicsの効率的で信頼できるErファイバーレーザーによって励起されます。IPGのFLTレーザーは、励起中赤外OPO、分光法、感知、医療、防衛などの多数のアプリケーションで使用できます。

3D

機能

3.7~4.8 mmの同調範囲 TEM00ビームモード
最大300 mWの出力エネルギー リニア偏光
  FLT
動作モード CW、チューニング可能な波長
波長同調範囲、nm 3700~4800
出力、mW 同調範囲で50超、4.2 μmで300超
線幅、nm < 1
ビームモード品質、M2 < 1.2
ビーム直径*(FW、1/e2)、mm 3 typ.
ビーム拡がり角、mrad  2 typ.
偏光 リニア、水平、100:1超
起動時間、分 スタンバイから15未満、コールドスタートから60分

*ビームの直径は、お客様の仕様に合うように調整できます。

励起レーザー* IPG PhotonicsのCWエルビウムまたはツリウムファイバーレーザー
励起レーザーの寸法(幅×高さx奥行)、mm 448 x 403 x 132
ゲインエレメント動作温度**、K 77~220
レーザーヘッドの寸法、mm 330 x 258 x 578
供給電圧、VAC、50~60 Hz 110~220
電力消費***、W 200 typ. 

*励起レーザーモデルは、パラメータの組み合わせによって異なります。
**ゲインエレメントの最適な動作温度は、波長によって異なります。
***電力消費は、レーザーの最大出力によって異なります。

FLT Series Datasheet

アプリケーション

分光法 医療
感知 防衛
中赤外OPOのシード処理または励起

isometric

閉じる

front and rear views

閉じる

left view

閉じる

Top view

閉じる

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。