19" 3U AC19" 4U ACOEM Module

YAR-LP-SF、1~50 W

単一周波数イッテルビウム増幅器

YAR-LP-SFシリーズは、リニア偏光(LP)単一周波数(SF)シングルモードのファイバー増幅器のラインであり、1030~1070 nmのスペクトル領域をカバーしています。通常、増幅器の帯域幅は10~20 nmであり(出力により異なる)、入力信号の可変性によって波長を完全に一致させます。このシリーズには1~50 Wのバージョンがあります。これらのユーザーフレンドリーで高効率の19インチラックマウント式デバイスは、0°C~35°Cの温度範囲でのメンテナンス不要のアプリケーション向けに設計されています。YAR-LP-SFシリーズは、リニア偏光で単一周波数の入力信号用に最適化されており、コヒーレントビーム結合、検出システム、感知その他のアプリケーションなどのさまざまなアプリケーションに使用できます。

3D

YAR-LP-SFシリーズ増幅器は、リニア偏光、単一周波数の入力信号の増幅器を備えています。

増幅器の入力および出力には、1~2メートルの光ファイバーケーブルが装備されており、入力にコネクタがあり、出力にビームコリメータ(標準のビーム直径は1 mm)があります。

標準の増幅器には、入力および出力ポートに25 dBの入力光分離および-60 dB未満の残余励起電力があります。通常の消光比は、20~23 dBを下回ります。ご要望に応じて、光学出力フリースペースの光アイソレータも利用可能です。

 

YAR-LP-SFシリーズ増幅器では、飽和出力および励起ダイオード電流、そしてGPIB、RS-232での温度と出力の読み取り、またはユーザーフレンドリーな手動インターフェースなど、増幅器のパラメータを全体にわたってコントロールします。

IPGのYAR-LP-SFシリーズの増幅器は、水冷用部品や交換部品は必要なく、低電力信号に対する増幅器用の110/220V AC電源のみを必要とします。

YAR-LP-SFの全シリーズの増幅器では、表示波長が965 nm以下である、広範なストライプ(1x100 μm)の励起ダイオードを使用します。これらのダイオードの予測されるダイオードの残存期間は、25°Cで100,000時間を超えます。

機能

選択可能な波長 非常に高い信頼性
単一周波数 空冷式
最大100 Wの飽和出力           電力および電流の自動コントロール
シングルモードファイバー伝送 過酷な環境下での操作
 YAR-
1-LP-SF 5-LP-SF 10-LP-SF 20-LP-SF 50-LP-SF
100-LP-SF
中心波長帯*、nm 1060~1070
動作モード CW
入力範囲**、mW  1~5
飽和出力***(Pin = 1 mW)、W  1  5 10  20    50 100
電力可変性、% 10~100   1~100     5~100 1~100
電力安定性****、% <2     <3
入力/出力ポートでの相対残余励起、dB -60         
偏光  リニア、160:1超 リニア、60:1超

*10 W未満のユニットでは、1030~1070 nmのスペクトル領域を利用できます。

**その他の入力範囲も利用できます。 

***その他の出力も利用できます。

****8時間超

オプション:

• 最大25 Wの電力用の出力インラインアイソレータ

• ご要望に応じて、25 W超の電力用のフリースペース出力アイソレータをご利用いただけます。

• 出力ビーム直径サイズ

• 励起電流変調(2 kHz未満)

• 最大2 Wのユニット用の赤の照準レーザー

 YAR-
1-LP-SF 5-LP-SF 10-LP-SF 20-LP-SF 50-LP-SF 100-LP-SF
コンソールスタイル* 19" 3U AC 19" 4U AC
コンソールの寸法(幅x高さx奥行)、mm 448 × 404 × 133      448 × 550 × 177 
重量、kg <20 typ. <30 typ.
冷却 空気
供給電圧、VAC 単相50~60 Hz、100~240 
電力消費(20oC)、W <60 <85 <95 <145 <250 <300

*ご要望に応じて、YAM OEMモジュールパッケージを利用可能です。

OEM Module

YAR-LP-SFデータシート

アプリケーション

ホログラフィと干渉分光法 原子トラッピングと光ピンセット
光計測学 生体計測器の統合
高分解能のCW分光法 CW中赤外OPO励起

YAR-5-LP-SFファイバー増幅器

YAM-1064-20-LP-SFファイバー増幅器OEMモジュール(20 W、1064 nm)。シードレーザーは示されていません。DC電源が必要です。

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。