ラピッドマニュファクチャリング

ApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplications

ラピッドマニュファクチャリングプロセスは、自動車、航空宇宙、消費財産業の生産設計サイクルの不可欠な部分です。これらのプロセスは、複雑なコンポーネントの迅速なプロトタイピングのほか、歯科、整形外科用インプラントなどのカスタム製品の製造にとって重要です。この技術は新しいものではありませんが、最近の粉末金属の発達やシステム効率の向上により、選択的レーザー焼結(SLS)アプリケーションを使用して高機能の鋳型やコンポーネントが製造されています。ファイバーレーザーは、光源のコスト効率が高く、OEMシステムインテグレーターへの統合が容易なため、利用の増加に重要な役割を果たしています。現在、高出力のレーザーシステムが開発中ですが、これらの用途に、IPGの400ワットファイバーレーザーが幅広く使用されています。

  Selective Laser Sintering for rapid manufacturing

大規模な積層造形コンポーネントは、完成までに数時間かかることもあるため、これらのレーザーベースの技法の開発には、ファイバーレーザーの安定性と信頼性が極めて重要になっています。同様に、マルチキロワット出力レベルのIPGのファイバーレーザーは、粉末の集積または沈着速度が速いシステムおよびプロセスの開発に不可欠です。一般的に、高出力のファイバーレーザーを使用すると、大規模なカスタムコンポーネントのコストが削減され、リードタイムが短縮されると考えられています。

アプリケーション

積層造形

クラッディング