太陽光発電

ApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplications

solar panels on house  

太陽光発電は、エネルギーの再生可能資源の最も魅力的なオプションの1つとなっています。産業の成長に伴って、太陽電池の効率と製造処理時間および産出量の両方の推進において、ファイバーレーザーの使用が常に求められています。現在、2つの太陽光発電技術が市場で競い合っています。その2つは、結晶シリコン(c-Si)と、底基板の上に複数層の半導体薄膜が重ねられた薄膜です。IPGの低コストのファイバーレーザー、例えばYLPN近赤外線ナノ秒ファイバーレーザー、緑色GLPNおよび紫外線ULPNパルス状レーザーは、高い電力変換効率、タイトな処理制御と高速で高反復率のパルスのための高品質のビームにより、レーザーベースの加工は従来の加工よりも大幅に効率的で、正確で、高速になっているため、太陽光発電の製造コストに良い影響を及ぼしています。また、薄膜の太陽光発電は、製造のスループットとコストを同様に改善するために、薄膜パターニング、スクライビング、端部の削除などのアプリケーションと同様の知識を利用しています。

システムの機能には、結晶シリコン(c-Si)ウェハーの小型化、高速度のドリル加工、\選択アニーリングのほか、薄膜のパターニング、スクライビング、端部の削除などのマイクロ材料の除去のため。

太陽光発電の製造業者は、製造の品質、スループット、コストを向上させるインテグレートシステムを構築するIPGの幅広いアプリケーションの知識と専門性から恩恵を受けています。

Applications

端部の分離

薄膜のパターニング

端部の削除

微細孔のドリル加工

ウェハーマーキング

P1、P2、P3のスクライビング