医療処置

ApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplications

医学界は、診断、治療、手術用途でのレーザー需要が継続的に拡大しています。皮膚科の美容/治療では、肌の若返り術(コラーゲンの成長を促進)、血管治療から皮膚、体毛、脂肪、入れ墨の除去まで、ファイバーレーザー技術は、処理の結果を向上させ、処理コストを低下させ、短い回復時間ですばやい処理を行います。泌尿器科から眼科まで、手術用途では、正確に制御されたパラメータと優れたビーム品質を備えたレーザーベースのソリューションが求められます。歯科では、レーザーは骨と歯茎の再生、軟組織、硬組織、および根管の手術、高速ホワイトニング、痛みの緩和に採用されています。

IPGは、非常に広範囲のレーザー源があり、医療機器に統合されていますが、その医療機器には、ダイオードレーザー、約1 μmのイッテルビウムレーザー、約1.5 μmのエルビウムレーザー、約2 μmのツリウムCWファイバーレーザー、QCWイッテルビウムおよびツリウムファイバーレーザー、CW緑色およびnsパルス状緑色レーザー、中赤外線(IR)範囲のハイブリッドファイバーポンプレーザー、ラマンファイバーレーザー(赤外線および可視範囲)、1および1.5 μmのピコおよびフェムト秒パルスレーザーがあります。

  lasers in medicine and surgery

アプリケーション

眼科

外科

皮膚科

歯科

イメージング