航空宇宙

ApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplications

laser coating removal for aircraft  

燃料効率の向上に対する強い要求のため、航空宇宙産業でのレーザーの使用は拡大しています。レーザーは、重量削減を支えるため、高強度鋼の溶接、大きな金属板コンポーネントのろう付け、繊維強化ポリマー素材の切断のための不可欠な技術となっています。また、航空機タービン市場では、製造工程の多くの部分でレーザー技術を利用しています。エンジンにはブレードと羽根があり、これらはレーザーでドリル加工、切断、クラッディングが行われ、組み立て作業中にさらに製造が行われます。航空宇宙の生産およびメンテナンスでは、塗料の除去にもレーザーが使用されます。現在、航空機の塗料を除去するために費用の掛かる危険な化学法が使用されています。IPGでは、実行可能な環境に配慮した代替方法を備えたメガパルスYLPNファイバーレーザーおよびコーティング除去システムを開発しました。

IPG Photonicsは、多数の航空宇宙製造工程にレーザーベースのソリューションを提供しています。システムには、レーザー溶接と抵抗スポット溶接に最適なツールであるレーザーシームステッパ、大きなコンポーネント用のターンキー溶接セルと小さなコンポーネント用の多軸溶接およびドリルシステム、パイプおよびフレーム構造の製造に使用するチューブおよびプロファイル溶接機があります。

YLSシリーズのファイバーレーザーから自動統合された製造装置まで、IPGのレーザーおよびレーザーシステムは、航空宇宙業界のお客様の期待に応え、それを上回ることが実証されています。 

アプリケーション

金属溶接

マーキング

切断 ろう付けおよびはんだ付け

ポリマー溶接

コーティング除去

ドリル加工 クラッディング