先端技術・科学応用分野

ApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplicationsApplications

初期のころから、レーザーは、物理学、天文学、化学、生物学、機械工学など多くの分野の最先端の研究に使用されてきました。光周波数コムの実験から雷雲のなかで稲光を起こすことまで、ゲノミクスからテラヘルツ発生まで、科学者と技術者は常にレーザー光線に新しい能力を求めていて、これがレーザーのエンジニアがより新しく高度なレーザーを開発する動機付けとなっています。

原子光学の第一線で、科学者はIPGの直線偏光ファイバーレーザーを使用して、干渉分光法から材料特性評価までのさまざまな研究のために原子を捕捉しています。

別の研究者は、蛍光タンパク質を使用して回折限界を超えた分子下構造のイメージングを行っています。こうした革新的な研究者は、数十ナノメートルという分解能を得るため、十分な出力を持つレーザーを必要としています。当社のCW可視ラマンレーザーなどのCWレーザーは、下方遷移する蛍光マーカー、特にワークハウスの蛍光タンパク質で重要なスペクトル範囲の離散波長で強い光を発します。これはまた、高速のイメージングを可能にするのに十分な反復率を備えています。

IPGの強力なCW緑色およびパルス状レーザーは、フローの視覚化と粒子特性評価の研究で、またヘモグロビンの光音響測定に使用されます。

IPGの単調CWレーザーおよびファイバー増幅器は、干渉分光法/ホログラフィの実験で、また高出力の狭線幅光源を必要とする分光アプリケーションで使用されます。

  scientific and advanced laser applications

IPGは、光周波数コム生成、生体分子の多光子イメージング、超高速ポンププローブ移動吸光分光法、CWスキャン移動吸光分光法、遠隔化学薬品感知、LIDARおよびMid-IR発光体イメージングなど、科学的な高度なアプリケーションのホストに対応する独自の半導体のMid-IRファイバーポンプレーザーを開発してきました。色素レーザー、Mid-IR OPOなどの光学装置のポンプ処理のために、多くの研究者により、IPGの信頼性の高いダイオードレーザーと、低出力(最大100 W)および中出力(最大1 kW)CWファイバーレーザーが使用されています。

IPGは、技術応用レーザーを提供するだけでなく、ドリル加工、切断、パターニングのためのUVアブレーションシステムから精密ワークステーションでのレーザー加工の最大の多用途性をもたらすデュアルレーザーツールまで、正確な部品転送の機能を備えたワークステーションにレーザーを統合するいくつかのシステムと、正確な部品配置のための視覚システムを用意していて、これらのシステムでは、IPGの最高のファイバーレーザー技術と世界トップクラスの装置の設計が組み合わされています。

アプリケーション

フローのイメージング

分光法

ホログラフィ

超音波

光学的ポンピング

遠隔感知

干渉分光法

光学的捕捉

部品の組み立てと単一化

ローカライズされたアニーリングとドーピングの有効化