ブレージング・はんだ付け

ブレージングとはんだ付けは、金属フィラーが異種物質を結合する金属結合プロセスです。基質物質と使用する基質のフィラー材料によって、これらのプロセスではコントロールされたリモートプロセスで金属フィラーを溶解するためにレーザーを利用します。自動車産業や家庭用電化製品産業では、完成部品でしばしばレーザーブレージングやはんだ付けが使用されることがあります。

 

従来の溶接プロセスで結合できない部品には、代わりにブレージングまたははんだ付けを行うことができます。ブレージングとは、融点が425℃より高く、金属基質の融点よりも低い銅や亜鉛などの金属フィラーを使用する金属結合プロセスのことです。レーザーによって基質が過熱され、金属フィラーが溶解するとき、基質間の溝は金属フィラーが流れ込んで基質と固着するための毛細管のような役割を果たします。IPGの高出力ファイバーレーザーは、自動車産業や大型輸送産業のブレージングアプリケーションのための最適なソリューションです。 

 

関連するプロセスで、はんだ付けは基本的にブレージングと同様ですが、金属フィラーが425℃未満で溶解する点が異なります。はんだ付けは、アルミニウムや鋼鉄などの異種物質を融点の違いにより固着させるためによく使用されます。はんだ付けアプリケーションでは、家庭用電化製品、自動車、太陽光発電産業向けのIPGの中間出力ファイバーレーザーを使用します。

 

金属の種類

ステンレス鋼

カーボンスチール

金・銀

アルミニウム

工具鋼

ニッケル合金

銅真鍮・銅 チタン

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。