中出力CWファイバーレーザー

IPGは、産業、科学アプリケーション向けに、100 W~2.5 kWの

中出力CWファイバーレーザーを提供します。

このレーザーは、頑丈な産業用設計、メンテナンス

不要の操作と完璧なビームモード、高出力、

ポインティングの安定性が一体となっています。

レーザー出力は、光学的特性に影響することなく

幅広い範囲内で調整可能です。

レーザーはOEMモジュールとしてパッケージ化

されているため、エンドユーザーは

組み込みが容易で、19型ラックユニットに

設置することも可能です。

中出力CWファイバーレーザー

IPGの中出力CWファイバーレーザーは、100~2500 Wの出力範囲をカバーし、幅広い動作波長、シングルモードとマルチモードのオプション、低い振幅雑音、高い安定性、非常に長い耐用年数の励起ダイオードを特長としています。レーザーは通常空冷式で、平均最大出力は500 Wです。平均最大出力2kWのコンパクトな水冷式ユニットもご用意しています。再設計されたエレクトロニクスにより、コントロール機能が拡張されています。レーザーには、さまざまな種類のファイバー終端またはコリメーションオプティックスが揃っています。

IPGでは、1~2 µm、100~2500 Wの範囲のCWイッテルビウム、エルビウム、ツリウム、ラマンファイバーレーザーを製造しています。2.5 kW以下の出力範囲で動作するその他のCWレーザーは、ダイオードレーザーとCWファイバー増幅器です。

1 kW~100 kW CWファイバーレーザーグループから、より高出力のイッテルビウム(1 μm)、エルビウム(1.5 μm)、ツリウム(2 μm)レーザーを提供しています。グリーンQCW GLPNレーザーも100~500 Wの出力範囲で提供しています。100 W~2 kWの出力範囲のエルビウムCWレーザーをご希望の場合は、IPG Photonicsの各拠点までお問い合わせください。

中出力CWファイバーレーザーの特長

100~2500 Wの平均出力範囲
記録的な電力変換効率
高い信頼性
優れたシングルモードビーム品質
わずかなビームポインティング
全出力範囲で安定したビーム品質
kHz範囲の直接変調
高コスト効率
ビームモード品質
アプリケーションの要件に応じて、中出力範囲のCWレーザーをシングルモードまたはマルチモードビーム品質のいずれかで提供します。レーザー空洞に熱レンズ効果による屈折率勾配が発生しないため、ファイバーレーザーは出力調整時にビームモード品質と拡がり角を維持します。通常、公称出力レベルで動作するように最適化されているDPSSバルクレーザーでは実現しません。

偏光
中出力範囲のCWファイバーレーザーは、通常、ランダム偏光で提供され、リニア偏光はオプションとなります。最大出力1 kW、リニア偏光のイッテルビウムCWファイバー増幅器もご用意しています。リニア偏光をご希望の場合は、IPG Photonicsの各拠点までお問い合わせください。

直接変調
kHz範囲の直接出力変調は標準機能です。

出力安定性
典型的な出力安定性は、安定した環境条件下の場合、4時間で1%未満です。

冷却
YLMモジュールは空冷式で最大出力は400 W、YLRラックユニットレーザーは空冷式で最大出力は500 Wです。TLR-200は水冷式です。

パッケージ
レーザーはOEMモジュールまたは19型ラックマウント対応ユニットとして梱包されます。OEMモジュールはDC電源、ラックマウントユニットには、通常、単相50~60 Hz電源が必要です。ラックマウントユニットには、レーザー出力と液晶ディスプレイのフロントパネルコントロールがあります。OEMモジュールはRS-232を介してコントロールします。

 

新機能               ハイパワーレーザーピアッシングオプション
           パルスモードでピークパワーが2倍

最新のYLR/YLSハイパワーレーザーに、ピークパワーが2倍になるピアッシングオプション機能が新たに追加されました。このピアッシングオプションにより、パルスモード使用時にCWの平均出力と比べて2倍のピークパワーが出力可能になりました。ピークパワーブーストモードを使用することで、穴あけの作業スピードや仕上がり品質の向上、より厚みのある素材も切断できます。またピークパワーモード時の入熱量が下がるため、レーザー自体の出力を上げることなく、複雑な微細加工の高品質切断が可能になります。なおブーストピークパワーで穴あけ加工の品質も向上し、厚みのある素材の穴あけ加工では切断面がなめらかになります。IPGのピークパワー技術は、切断、穴あけ加工の品質向上、原料の節約、工程時間の短縮、コスト削減を実現します。

  QCW 2x Peak Power Option on CW Lasers 
    QCW 2x Peak Power Option

中出力グリーンCWファイバーレーザー

Mid Power Green CW Fiber Lasers - GLPN 100M

VLM-532-100-M

Mid Power Green CW Fiber Lasers - VLM-VLR-532 500 green lasers

VLM-532-500-R

Prism Awardを受賞したグリーンファイバーレーザーは、最大500 Wの出力に対応します。高デューティサイクル30~150 MHzの繰り返し率ナノ秒パルスモードで動作するグリーンレーザーは、パルスエネルギーが低く、CW/変調出力が必要なアプリケーションに使用できます。

要件についてはIPG各拠点にお問い合わせください。

中出力イッテルビウムCWファイバーレーザー

YLR AC 3U OH3 200x120 波長 ビームモード 偏光 出力*
  シングルモード マルチモード ランダム リニア  
YLM-1070・YLR-1070
 1070 ± 10 nm ×   ×   100 W  1.5 kW
YLM-1070-MM・YLR-1070-MM
 1070 ± 10 nm   × ×   100 W  2.5 kW
YLR-1010/1030
1010/1030 nm  ×   ×   100 W  1 kW
YLR-1010/1030-MM
1010/1030 nm   × ×   100 W  1 kW
YLR-LP
 10301070 nm ×     × 200 W  500 W

*単一周波数YAMおよびYAR CWファイバー増幅器も、最大2.1 kWで提供しています。

シングルモードのYLS-SMレーザーシステム(最大10 kW)、マルチモードのYLSレーザーシステム(最大120 kW)もご用意しています。

 

新機能               ハイパワーレーザーピアッシングオプション
           パルスモードでピークパワーが2倍

最新のYLR/YLSハイパワーレーザーに、ピークパワーが2倍になるピアッシングオプション機能が新たに追加されました。このピアッシングオプションにより、パルスモード使用時にCWの平均出力と比べて2倍のピークパワーが出力可能になりました。ピークパワーブーストモードを使用することで、穴あけの作業スピードや仕上がり品質の向上、より厚みのある素材も切断できます。またピークパワーモード時の入熱量が下がるため、レーザー自体の出力を上げることなく、複雑な微細加工の高品質切断が可能になります。なおブーストピークパワーで穴あけ加工の品質も向上し、厚みのある素材の穴あけ加工では切断面がなめらかになります。IPGのピークパワー技術は、切断、穴あけ加工の品質向上、原料の節約、工程時間の短縮、コスト削減を実現します。

  QCW 2x Peak Power Option on CW Lasers 
    QCW 2x Peak Power Option

中出力CWラマンファイバーレーザー

YLR 3U AC OH3 200x90

ビームモード 偏光 線幅 出力
RLM・RLR シングルモード
ご要望に応じてランダム or リニア 1 ~ 3 nm typ. 100 W~300 W*

*ご要望に応じて、出力500 W超の製品を製造できます。詳細は、IPG各拠点にお問い合わせください。

中出力ツリウムCWファイバーレーザー

  ビームモード 偏光 出力*
シングルモード マルチモード ランダム**  
TLM・TLR
×   × 100~200 W
TLM -MM・TLR-MM
  × × 100~500 W

 

* 低出力ファイバーレーザー群から、TLMツリウムレーザーモジュールとTLRラックマウント対応ユニットも1~120 Wの出力範囲で提供されています。

ご要望に応じて、工業用キャビネットに収容される、キロワットレベルのマルチモードツリウムファイバーレーザーをご用意できます。

* 低出力ファイバーレーザー群から、リニア偏光のTLR-LPツリウムファイバーレーザーが100 Wの最大出力で提供されています。

要件についてはIPG各拠点にお問い合わせください。

 

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。