best high power fiber laserbest high power fiber laser

高出力CWファイバーレーザー

ハイパワーキロワットクラスのファイバーレーザーシステムは、

1kWから数100kWの平均出力を出す幅広い製品

が揃っています。頑丈なキャビネットに収まったシステムは、

工業生産環境で動作するように設計されています。

レーザーにはさまざまなビームデリバリーや

プロセスヘッドのオプションがあり、

1つのレーザーを多様なアプリケーション

用に最適化する究極の柔軟性を実現します。

IPGの産業用高出力ファイバーレーザーは、

非常に要求の厳しい自動車、航空宇宙、

石油ガスの産業で広く採用されており、

ほとんどの場合、複数のシフトで稼働しています。

高出力CWファイバーレーザー

IPGの高出力CWファイバーレーザーは、1 kW~100 kW以上の出力範囲をカバーし、幅広い動作波長、シングルモードとマルチモードのオプション、高い安定性、極めて長い耐用年数の励起ダイオードを特長としています。これらのレーザーは水冷式で、内蔵型またはスタンドアロンのチラーを取り付けることができます。レーザーには、さまざまな種類のファイバー終端、コリメーションオプティックス、プロセスヘッドが揃っています。

IPGは、1~100 kW範囲の高出力CWイッテルビウムレーザー、1~5 kW範囲のエルビウム、ツリウム、ラマンファイバーレーザーを製造しています。

1 kW超の出力範囲で動作するその他のCWレーザーは、ダイオードレーザーとCWファイバー増幅器です。

 
 

高出力ファイバーレーザーの特長

シングルモード:最大20 kW 10~100%の動的範囲
マルチモード:最大500 kW オプションの固定チラー
優れたBPP メンテナンス不要の操作
出力範囲全体で一定のBPP モジュール式の「プラグアンドプレイ」設計
長作動距離に対する小さい焦点 頑丈コンパクト設計で、設置が簡単
最大50%の電力変換効率を記録 集積カプラー、ビーム分配器、スイッチのオプション


高出力ファイバーレーザーには、品質、コストの両面で従来の非レーザー技術や競合するレーザー技術に比べて優位性の高い、IPG独自の特長が組み合わさっています。

IPG独自の特長

ファイバーレーザーは、マルチキロワットの高平均出力産業レーザーアプリケーションにおいて揺るぎない地位を確立しました。高出力ファイバーレーザーには、品質、コストの両面で従来の非レーザー技術や競合するレーザー技術に比べて優位性の高い独自の特長が組み合わさっています。

  • 最初からより高い輝度を実現(高出力と小さいスポットサイズ)
  • 卓越した信頼性/ホット冗長構成
  • 高輝度ダイレクトダイオードシステムより優れた電力変換効率
  • モジュール方式と拡張性により、メンテナンスが簡単で、ダウンタイムが減少
  • アプリケーション用に最適化された出力ファイバーコア径を幅広く選べる光ファイバーデリバリー
  • コンパクトで頑丈な設計
  • スキャナー、光学ヘッドへの組み込みが容易
  • ビームスイッチ、カプラー、分配器を取り揃えることで、独自の多用途性を実現
Image

 

先端技術の独特な組み合わせ

ハイパワーファイバーレーザーは、アクティブ光ファイバーと半導体ダイオードから製造されており、最も革新的で高度な2つのレーザー技術が融合しています。ファイバーレーザーは、最高の光源としてシングルエミッタ半導体ダイオードを使って、アクティブファイバーを発します。放射されたレーザービームは、光ファイバー内に吸収されて、外装フレキシブルケーブルから発せられます。アクティブファイバーは、希土類イオンで塗装された特殊光ファイバーです。アクティブファイバーによって、非常に小さいコアから極めて明るい光が出るので、数キロワットの出力と優れたビーム品質の組み合わせが実現します。IPGは、一連の独自の専有技術を利用して、最高のビーム品質を作り、最も信頼性が高く、最もエネルギー効率に優れたキロワットクラスのレーザーを提供します。

 


IPGファイバーレーザーの拡がり角仕様は他のレーザーをはるかに上回ります。

ファイバーレーザーの優れた拡がり角と輝度

高出力IPGファイバーレーザーの拡がり角仕様は他の高出力レーザーをはるかに上回ります。この特長により、長い焦点距離を処理するレンズを使って被写界深度を大幅に改善し、光学部品への損傷が減少し、リモート溶接アプリケーションに理想的な製品となっています。

 

 


1台のレーザーを使って、高出力と低出力両方の溶接、穴あけ加工、精密切削加工のアプリケーションに対応できます。

柔軟性:同じレーザーで高出力と低出力アプリケーションの両方に対応

当社のローパワーキロワットクラスファイバーレーザーの出力範囲は1~100 kWで、CWまたは変調モードで最大5 kHzまで動作します。これらの装置の動的な動作範囲は、範囲全体でビーム拡がり角またはビームプロファイルを変えない状態で、10%からフル出力までです。そのため、1台のレーザーを使って、高出力と低出力両方の溶接、穴あけ加工、精密切削加工のアプリケーションに対応できます。このような能力は今までの製品にはありませんでした。

 


最高レベルの電力変換効率

あらゆるタイプのレーザーを考えると、IPGファイバーレーザーは最も省エネに優れたコンバイナであり、輝度コンバータです。IPG YLS低次モードキロワットクラスファイバーレーザーは、通常、40%を超える電力変換効率で動作します。YLS-ECOシリーズレーザーは、WPEまたはキロワットクラスダイレクトダイオードレーザーシステムを上回る、業界最高の電力変換効率(最大50%)を達成します。各種レーザーの1年、3年、5年の運用にかかる電気代を計算してみてください。IPGファイバーレーザーに切り替えた場合、レーザーの使用量と電気代によっては、レーザーの耐用年数全体でレーザー自体の価格に匹敵する節約が可能になります。

Image

ファイバーレーザーをモジュール式で提供、ホット冗長構成を実現

IPG YLSレーザーはモジュール式で、複数のファイバーレーザーモジュールの出力があり、それぞれ数100 Wの出力を生成して1つの出力ファイバーへと合体します。万一、1つのモジュールが故障しても、残りのモジュールが自動的に損失分を補正して出力を維持するので、生産を続行できます。特定の問題が発生したユーザーに、修理を求めるエラーメッセージが送信されます。システムに組み込まれた多数のモジュールの冗長性、各モジュールに組み込まれたダイオード励起の冗長性により、レーザーは無停止で動作できます。多数の励起ダイオードのホット冗長構成により、少ない電力で動作可能、寿命とレーザーの全体的な耐用年数がさらに伸びます。

Image

最高レベルの信頼性

IPG独自の技術を組み合わせることで、ディスク、ロッド、CO2レーザーなどの従来のあらゆるレーザー技術を上回る信頼性の高いレーザーシステムを実現しています。IPGのコンパクトで頑丈なファイバーレーザーは、ダイオードの寿命が最も長く、メンテナンスは最小限で済み、最小限のダウンタイムしか生じません。IPGの高出力レーザーでは、最高レベルの保証を提供いたします。

 

 


Image

IPGレーザーはさまざまなキャビネットスタイルとサイズで提供

チラーや幅広いビームデリバリーオプションなどオプションが豊富

  • 密閉式のキャビネットまたはアップグレード可能な扉付きキャビネット
  • 冷却オプション(空冷、水冷、水冷/空冷)
  • 最大出力6 kWのレーザー用の空冷/水冷チラーと水冷/水冷チラー
  • 最大100 mのカスタムビームデリバリーファイバー
  • 異なるプロセスファイバーコア径、用途に応じた幅広いBPP
  • 内部または外部ビームシャッター、カプラー、マルチポートスイッチ、分配器
  • コリメータ、終端光学部
  • 多数取り揃えた最新のプロセスヘッドとスキャナーオプション
Image

ファイバーレーザーは持ち運び、組み込み、操作が簡単

  • ファイバーレーザーは、集積フレキシブル光ファイバーからエネルギーを放出します。
  • ファイバーレーザーは、モノリシック構造で、完全な半導体のファイバー対ファイバー設計になっているため、ミラーやオプティックスの調整が不要です。
  • ファイバーレーザーは、通常従来のレーザーよりも小型で軽量なので、貴重な設置面積を節約できます。
  • 従来のレーザーの場合、ミラーを正確に調整する必要があるため操作が難しいですが、ファイバーレーザーはより安定していて、さまざまな作業環境で動作できます。ファイバーレーザーは、クレーンで持ち上げて、車両で運搬できます。防振フロア、耐熱性の施設、エンクロージャーは必要ありません。


GLPN-2000-S
GLPN-2000-Sグリーンレーザーシステム

詳細については、IPG各拠点にお問い合わせください。

キロワットクラスのツリウムレーザー

ご要望に応じて、キロワットクラスのマルチモードツリウムレーザーシステムを販売いたします。
詳細については、IPG各拠点にお問い合わせください。

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。