ビームスイッチ

IPGの光学カプラー、シャッター、スイッチにより、

ファイバーレーザーの機能が大幅に拡張されます。

1つのレーザーを複数のワークセルで同時に(エネルギーの共有)または連続して(時間とエネルギーの共有)使用することで、加工速度を高め、スループットを最大化できます。

また、特定のレーザーを複数のアプリケーションで使用することも可能です。各コンポーネントは、電源に応じてさまざまな構成で使用できます。

 

 

 

ファイバーレーザーの機能の最大化:時間とエネルギーの共有

1本のファイバーから別のファイバーへ光を結合する機能により、IPGのファイバーレーザーの機能が大幅に拡張されます。1つのレーザーを複数のワークセルの電源として使用できるので、資本設備の総費用を削減できます。機能の拡充と費用の削減に加えて、光結合によって、アプリケーションのパラメータを変更したり偶発的にファイバーが損傷したりした場合に、プロセスファイバーの交換も容易になります。損傷が発生した場合でも、主電源は完全なまま他のチャネルで動作するので、電源を十分に保護することができます。使用可能なオプションには、シングルポートカプラー、ビームシャッター(1チャネルビームスイッチとも呼ばれます)、2、3、4、または6チャネルのいずれかで提供されるマルチポートビームスイッチ、または2ポートエネルギー共有機能が含まれており、さらに1つのポートで100%の最大電力を提供する追加オプションがあります。   

 

各コンポーネントは、そのコンポーネントの選択した電源、シリーズ、およびサイズに応じて多数の構成で使用できます。  ビーム共有機能は2ポートシステムとしてのみ使用可能ですが、マルチポートビームスイッチと組み合わることによって、機能を拡張することもできます。すべてのビームスイッチは最先端の安全システムを装備しており、常にミラーの位置、ファイバーインターロック、ビームスイッチの空洞内で散乱する光、光コネクタの水流、およびその他の重要なパラメータを監視します。

コネクタのオプション:通常はQBH互換のHLC-8コネクタを使用して構成しますが、IPGでは現在QD互換のLCAバヨネットとアダプタ、およびHLC-16接続も提供しています。

プロセスフィードファイバーカプラー

カプラーは、主に加工工程でフィードファイバーおよびレーザーを保護するために使用されます。  もう1つの一般的な使用法は、プロセスファイバーを、コア径が異なる別のものと交換するだけで、アプリケーションパラメータを変更することです。

  

 

ビームシャッター(1チャネルビームスイッチ)

ビームシャッター、つまり1チャネルビームスイッチは、主に生産ラインで加工速度を上げるために使用されます。  高速シャッターをビームパスに追加することで、レーザーが継続され、プロセスファイバーへのレーザー投入をこのシャッターを介して制御できます。

 

shutter 

 

時間共有モード(マルチチャネルビームスイッチ

ビームスイッチングによって、1つのレーザーシステムに最大6本の異なるプロセスファイバーを供給し、製造現場のステーションまたはワークセルに個別に配置することができます。これによって、単一レーザーシステムでアプリケーションの領域にレーザー出力を供給することができ、加工ヘッドを交換したり、あるロボットから別のロボットへのプロセスファイバーを削除したりする必要はありません。  時間共有モードでは、指定された時間にレーザーを使用するワークステーションは1台のみです。

エネルギー共有モード(マルチチャネルビーム分光)

エネルギー共有モードでは、ビームスイッチはビームスプリッターの役割を果たし、2台以上のワークステーションが同時にレーザー出力を受け取ります。このオプションを使用すると、1つのレーザーが複数の操作を同時に実行できます。構成によってはビームスイッチとして機能することもあり、チャネル1が選択された場合、レーザー出力の一部がチャネル1のプロセスファイバーを介して送信され、残りのレーザー出力はチャネル2を介して送信されるという点で異なります。

 

beam switch

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。