表面洗浄・改質

レーザーは、表面の除去や改質が必要な多くの製造アプリケーションに役立つツールになります。塗装除去からアルミニウム・シリコン被膜除去まで、レーザーは従来のプロセスに代わる、費用対効果が高く管理された方法です。

レーザー被膜除去は、レーザーエネルギーが表面に集中して吸収され、下の基質に最小限の影響しか及ぼさずに被膜を蒸発させるアブレーションプロセスです。このプロセスは、金属、プラスチック、複合材料、ガラスなどさまざまな材料に適用できます。

自動車産業では、ホワイトボディ(BIW)構造用に複数の新しい等級のプレス硬化鋼(PHS)が開発されており、強度と成形性の望ましい特性を組み合わせています。PHSコンポーネントを組み立てる前に、アルミニウム・シリコン被膜を除去して、溶接表面の性能を良好な状態にする必要があります。IPGの高出力パルスレーザーは、溶接ボンドによってもたらされる機械的性質に影響せずに被膜をきれいに除去します。

  laser coating removal for aerospace

被膜除去アプリケーションは、従来の研摩および化学プロセスに代わる、費用対効果が高く、環境に優しい選択肢として、航空宇宙や造船などの重工業でも使用されています。レーザーは非接触表面除去アプリケーションとして機能するので、廃棄物ストリームの増加につながる二次媒体が不要になります。

IPGは、マイクロ材除去装置、ハンドヘルド型レーザークリーニング装置、アブレーティブコーティング除去装置などの除去用統合システムを製造しています。

アプリケーションの種類

塗装除去

汚染物除去     

建物の外観のクリーニング

表面処理

金型洗浄

美術品修復

 

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。