クラッディング

レーザークラッディングとは、材料が基質に融合する積層造形プロセスのことです。レーザークラッディングプロセスは、大規模建設産業で機能強化のために新しい表面を構築したり、反復使用により摩耗した表面の破損を改修したりするためによく使用されます。

レーザークラッディングとは、熱源としてレーザーを使用して、部品の表面に金属コーティングを施すプロセスです。このプロセスは機能強化のために保護コーティングを施したり、破損または摩耗した表面を修復したりするためによく使用されます。レーザークラッディングにより、部品が腐食、摩耗、衝撃にさらされる装置や機械の寿命を延ばすことができます。たとえば、建設機器産業では、摩耗耐性を高め、装置を長く運用するためにこの技術を製品に適用しています。

通常、IPGの高出力マルチモードファイバーレーザーなどのレーザーを使用して金属粉末を溶解することにより、基質にコーティングを施します。タングステンカーバイド、ニッケル合金、コバルト合金などの保護コーティングは、鋼鉄合金やステンレス鋼の基質に施すことができます。このプロセスでは金属の腐食、摩滅、摩耗への耐性を高めるために、最小限の基材の希釈により強力な金属結合が行われます。レーザークラッディングには次のような大きな利点があります。

  • なめらかで一貫した表面仕上げによる高密度のコーティング
  • 低い希釈率と最小限の熱影響部(HAZ)
  • 材料の機能向上(腐食、摩耗、酸化など)
  • 加工時間の短縮
 

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。