材料加工

CW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed LasersCW Lasers,QCW Lasers,Pulsed Lasers ,CWレーザー, ,QCW レーザー, ,パルスレーザー

材料を加工する産業にとって、レーザーは最も多目的かつ制御可能なエネルギー源です。レーザーは幅広い産業に受け入れられるようになり、そのアプリケーションは複雑な心血管ステントの切断から、航空宇宙産業で案内羽根のドリル加工、造船産業で厚鋼板の溶接まで多岐にわたります。

 ファイバーレーザーは、固体レーザーにおける最大の信頼性と利便性を実現します。IPGは現時点で最も幅広いイッテルビウム産業用ファイバーレーザーを提供します。その中には、シングルモード、マルチモード、準連続発振(QCW)、Qスイッチタイプのファイバーレーザーが含まれます。レーザーの平均出力は 1W~100 KW で、これは、今日提供されているタイプの産業用レーザーの中で最大の出力です。これらのレーザーは、多種多様な産業の幅広いアプリケーションに対応します。


 

CWレーザー

中出力(最大1kW)シングルモードのファイバーレーザー(M2 < 1.1) は、最小スポットサイズに焦点を合わせることが可能なため、微細加工に適しています。ファイバーレーザーの優れたビーム品質により、薄板に高品質な細いカーフ幅(< 15 mm)の切り込みを入れることができます。ステントやソルダーレジストステンシルを切断したことが、ファイバーレーザーアプリケーションの最初期の成功例です。エレクトロニクス業界向けのセラミックのスクライビングや印刷業界向けのアニロックスロールの浮き出しの2例は、よく知られています。   より厚みのある材料を高速でレーザー加工するには、平均出力がより高いkWクラスのファイバーレーザーが必要です。マルチモードレーザーは人気が高く、平均出力を数十ワットまで上げることができます。これらのレーザーの多様なアプリケーションには、自動車用の厚いハイドロフォームチューブの切断、自動車のルーフラインのブレージング、造船産業の深溶け込み溶接、ステンレス鋼厚板のきれいな切断などがあります。

 

QCW レーザー

QCW レーザーは、フラッシュランプ励起固体レーザーに代わる、IPGが開発したまったく新しいタイプのファイバーレーザーです。IPGだけのこの独自のレーザーコンセプトは、150ワットから最大2 kWまでの平均出力および最大20 kWのピーク出力の、非常に幅広いパルスレーザーに応用されてきました。このレーザーは、フラッシュランプレーザーと比べて10倍効率的です。   シングルモードから200 μmまでの幅広いファイバー直径、幅広いQBHコリメータで取り揃えているので、非常に広範な集束点を使用できます。ドリル加工、溶接および切断アプリケーション、特にペースメーカーなどの医療機器アプリケーションにおいて、旧来のフラッシュランプ技術の代わりに急速に採用されつつあります。

 

パルスレーザー

低出力のQスイッチナノ秒パルスファイバーレーザーは、レーザーマーキングアプリケーションにおいて、マーク品質、生産性、柔軟性の面で比類ない性能を発揮します。高ビーム品質と高ピーク出力の組み合わせで、シリコンの高速穴開けなど独自のアプリケーションも開拓開発されました。   これらのレーザーは、金属、セラミック、ほとんどのプラスチックにおいて、あらゆるマーキングのニーズに対応します。高い平均出力のQスイッチタイプパルスレーザー(最大5 kW)も提供されており、これらのレーザーは、大きい表面積の塗装と被膜を迅速に除去するのに使用されています。

 

アプリケーションセンター

IPG Photonicsは常にファイバーレーザー技術を開発し続けており、新しいレーザーを定期的に発表しています。新しいレーザーが新機能をもたらすことによって、未開拓のアプリケーションやまったく新しい加工現象を特定し、調査することができます。IPGのアプリケーション施設では、新しい加工処理の進展について概略を示すアプリケーションノートでレーザー産業に最新情報を届ける取り組みを行っています。