YLS 1 to 10 kWYLS up to 120 kW

YLS 1~120 kW

イッテルビウムCWレーザーシステム

YLS低次モードイッテルビウムファイバーレーザーは、何100kWもの出力を供給し、40%を超える電力変換効率によって最大5 kHzのCW/変調モードで動作します。その動的範囲は、ビーム拡がり角またはビームプロファイルを変えない状態で10%からフル出力までであり、1台のレーザーを使って、溶接、穴あけ加工、切削加工などの高出力と低出力両方のアプリケーションに対応可能で、前例のない高性能です。高輝度によって、長い焦点距離を処理するレンズを使って被写界深度を大幅に改善し、光学部品への損傷が減少します。このユニットでは、最長100 メートルのファイバー長、さまざまなファイバー直径、各種のマルチポートビームスイッチ、ビームカプラー、終端光学部、スキャナーも提供できます。

3D

YLSシリーズ

高出力CWイッテルビウムファイバーレーザーシステム

IPG Photonicsは、ハイパワーファイバーレーザー、増幅器のパイオニアです。1990年に設立されたIPGは、光ファイバーベースのレーザーの開発ならびに産業用ファイバーレーザーの活用をいち早く手掛け、ファイバーレーザーは材料加工、テレコミュニケーション、医療、科学、その他の高度なアプリケーションなどあらゆる現場で使用されています。ファイバーレーザーは、従来のレーザーと比較して、コスト効率が高く、優れた性能、高い信頼性、ユーザビリティを提供することによって産業に大変革をもたらし、エンドユーザーの生産性は向上し、運用コストが削減につながります。

IPGは、ファイバーレーザーの中核技術である、アクティブファイバー、半導体の両方の励起ダイオードの性能、コスト、生産量を管理することができる唯一の企業です。IPGは、プロセスファイバー、ビームカプラー、スイッチ、コリメータ、チラー、最新の加工ヘッド、完全なカスタムレーザーシステムを開発し、製造しています。この改革に、広範囲にわたる生産能力を組み合わせることによって、革新的で信頼性があり、高品質、高性能なファイバーレーザーを費用効率の高い価格で提供するというミッションを達成するために、必要なあらゆるステップを完全に管理する、稀有な立場にIPGは置かれています。

このミッションの成果は、IPGの最も評判の良いレーザー群、YLSシリーズによって実証されています。電力の範囲は500 W~500 kW、30%を超える電力変換効率で最大20 kHzのCWまたは変調モードで動作し、これらの装置の動的な動作範囲は、範囲全体でビーム拡がり角またはビームプロファイルを変えない状態で、10%からフル出力に至ります。そのため、1台のレーザーを使って、溶接、穴あけ加工、精密切削加工などの高出力と低出力両方のアプリケーションに対応できます。これは前例のない性能です。IPGレーザーの拡がり角仕様は、その他のレーザーよりをはるかに上回っており、長い焦点距離を処理するレンズを使って被写界深度を大幅に改善し、光学部品への損傷を最小限にできるので、リモートアプリケーションに最適です。

 

ファイバーレーザーは集積フレキシブル光ファイバーからエネルギーを放出します。ファイバーレーザーは、モノリシック構造で、完全な半導体のファイバー対ファイバー設計になっているため、ミラーやオプティックスの調節や調整が不要です。これらの機能によって、ファイバーレーザーは、製造、医療、その他のレーザー系のシステムで組み込みや操作がしやすくなります。ファイバーレーザーは通常、従来のレーザーよりも小型で軽量なので、貴重な設置面積を節約できます。従来のレーザーの場合、ミラーを正確に調整する必要があるため操作が難しいですが、ファイバーレーザーはより安定していて、さまざまな作業環境で動作できます。これらの品質により、ファイバーレーザーシステムは容易に移送できます。IPGはアメリカ合衆国、マサチューセッツ州、オックスフォードに本社があり、世界中に製造工場、販売サービスオフィスを構えています。

YLSシリーズファイバーレーザーは、出力は最大500 kWであり、産業用として完全なシステムとして開発されています。これらのレーザーは、非常に要求の厳しい自動車、航空宇宙、石油、ガスの各産業で広く受け入れられています。すべてのYLSシステムはNEMA 12に格納されており、ユニットが頑丈であることに加えて、空調管理され、密閉されたキャビネットとなっています。これらのシステムは、デジタルI/O、アナログコントロール、またはIPG独自のLaserNetソフトウェアのいずれかでコントロールされ、DeviceNet、Profibus、またはイーサネットのインターフェースを追加するオプションもあります。完全なシステムとして開発されたこの設計は、最も広範なファイバー直径を特徴としており、1つの電源から最大6つのポートで終端処理するオプションもあります。

YLSファイバーレーザーは、最大20 kWのシングルモード、500 kWのマルチモードの出力で使用できます。YLSレーザーには、HLC-8(QBHタイプ)またはLCA(QDスタイル)のいずれかのコネクタで終端処理する直接供給型ファイバーが含まれており、最長30メートルの標準の長さとなっています。カスタムコネクターやファイバー長の使用も可能です。

機能

優れたビームパラメーター製品 メンテナンス不要の操作
出力範囲全体で一定のBPP モジュール式の「プラグアンドプレイ」設計
長作動距離に対する小さい焦点 コンパクト、頑丈で、設置が簡単
40%を超える電力変換効率 集積カプラーまたはビームスイッチのオプション
オプションの固定チラー
 YLS- 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000... 10000
中心波長帯 nm 1070 ±10
動作モード CW/変調
変調周波数 kHz 0 - 5
最大平均出力* kW 1  2 3 4 5 6 7...10
出力調整範囲 % 10 - 100
出力安定性** % ± 2
出力ファイバーのコア径*** μm 50   100   200
ビームパラメーター製品 mm × mrad <2   <4   <8

*出力レベルを1~10 kWの範囲でカスタマイズ可能です。IPG各拠点にお問い合わせください。 
*4時間超、T=定数
***HLC-8(QBHタイプ)またはLCA(QDスタイル)のコネクタで終端処理する直接供給型ファイバーは、最長30メートルの標準の長さです。カスタムコネクターおよびファイバー長を使用できます。

YLS 1 to 10 kW

 YLS- 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000... 10000
キャビネットサイズ(幅×奥行×高さ) mm 790 × 815 × 558 856 × 806 × 1186 856 × 806 × 1517
供給電圧  3相  VAC 400 - 480
電力変換効率 % > 40%       

特定の出力およびビームデリバリーの構成では、固定チラーを装備するYLSシステムを使用できます。詳細については、IPG各拠点にお問い合わせください。

YLS 1 to 10 kW

YLS Series DatasheetYLS-U Series DatasheetYLS-HPP Series

機能

優れたビームパラメーター製品 メンテナンス不要の操作
出力範囲全体で一定のBPP モジュール式の「プラグアンドプレイ」設計
長作動距離に対する小さい焦点 コンパクト、頑丈で、設置が簡単
45%を超える電力変換効率 集積カプラーまたはビームスイッチのオプション
  YLS-8000 YLS-10000 YLS-20000 YLS-40000 YLS-60000 YLS-120000
中心波長帯、nm 1070 ± 5
動作モード CW/modulated
変調周波数 kHz 0-5
最大平均出力* kW 8  10 20 40 60 120
電力可変性 % 10-100
電力安定性 % ± 1
Feed Fiber Core Diameter**, μm 50 100 150 200 300
Beam Parameter Product (Feed Fiber), mm × mrad 2 4 7 9 17
M供給型ファイバーのコア径*** μm 100 200 300 400 800
供給型ファイバービームパラメータ製品 mm × mrad 3.5 6.5 12 13 17 48

*表内の電力レベルは、一例です、ご要望に応じて、1~120 kWの範囲で最大120 kWのカスタム電力レベルを利用できます。IPG各拠点にお問い合わせください。

** A direct feed fiber terminates in either an HLC (QBH-type) or LCA (QD-style) connector in standard lengths of up to 30 meters.
Custom connectors and fiber lengths are available.

***より大きいコア径のプロセスファイバーも使用できます。

YLS up to 120 kW

 YLS- YLS-8000 YLS-10000 YLS-20000 YLS-40000 YLS-60000 YLS-120000
Cabinet Dimensions (W × D × H), mm 856 × 806 × 1090 856 × 806 × 1403 1712 × 806 × 1403 2005 × 806 × 1606 3580 × 806 × 1402
Weight, kg 350 500 750 1900 2200
Cooling Water-cooled
供給電圧、3相 VAC 400-480, 50/60 Hz
電力変換効率 % >45%
YLS Series Datasheet

アプリケーション

切断 アニーリング
穴あけ ブレージング
溶接 熱処理
クラッディング

IPGでは、ビームデリバリーファイバー、ビームカプラー、シャッター、スイッチ、ビーム分配器などのビームデリバリーアクセサリーを用意しています。

これらのアクセサリーは、レーザーと別購入することも、レーザーの購入前に内蔵することも可能です。

オプションの詳細についてはIPG Photonics販売拠点にお問い合わせください。

IPG Photonicsは、最大出力6 kWのファイバーレーザー用の空冷/水冷チラーと水冷/水冷チラーを提供しています。
   Chillers

LASER FOCUS WORLD, 12/06/2013

MATERIALS PROCESSING: 100 kW fiber laser, power meter serve industry

 

新機能               ハイパワーレーザーピークパワーオプション
           パルスモードでピークパワーが2倍

最新のYLR/YLSハイパワーレーザーに、ピークパワーが2倍になるピークパワーオプション機能が新たに追加されました。このピークパワーオプションにより、パルスモード使用時にCWの平均出力と比べて2倍のピークパワーが出力可能になりました。ピークパワーブーストモードを使用することで、穴あけの作業スピードや仕上がり品質の向上、より厚みのある素材も切断できます。またピークパワーモード時の入熱量が下がるため、レーザー自体の出力を上げることなく、複雑な微細加工の高品質切断が可能になります。なおブーストピークパワーで穴あけ加工の品質も向上し、厚みのある素材の穴あけ加工では切断面がなめらかになります。IPGのピークパワー技術は、切断、穴あけ加工の品質向上、原料の節約、工程時間の短縮、コスト削減を実現します。

  QCW 2x Peak Power Option on CW Lasers 
    QCW 2x Peak Power Option

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。