PLD10

PLD-10

マルチモードファイバー結合ダイオードレーザー

IPG PhotonicsPLD-10シリーズファイバー結合ダイオードレーザーは、最大10 Wの出力を0.13 NA以内で供給します。PLD-10ダイオードオプションには、105 μmまたは110 μmのファイバーコア径、920 nm940 nm960 nmでの中心波長が含まれています。IPG高いダイオード技術によって、理想的な組み合わせの出力、信頼性、フォームファクターを提供します。PLD-10ダイオードレーザーは、ファイバー増幅器とレーザー励起、材料加工とダイレクトダイオードアプリケーションに適しています。

3D

機能

920、940、960 nmの中心波長

高信頼性
10 Wの出力 頑丈でコンパクトなパッケージ
0.13 NAでの105または110 μmのファイバーコア径オプション
中心波長、nm 920, 940, 960
中心波長の許容範囲、nm ± 3
出力、W 10
スペクトル幅(FWHM)、nm 5
スロープ効率、W/A 0.7
変換効率、% 48
しきい値電流(ITH)、A 0.6
動作電流(IOP)、A 12
順電圧、V 1.7
推奨ケース温度、⁰C 25
温度による波長シフト、nm/⁰C 0.35
動作温度による波長シフト、nm/A < 2.4

 

* 12 A、25⁰Cで測定された代表的なパフォーマンスデータ

閉じる
ファイバーコア径、μm 105または110のオプションを使用可能
ファイバークラッド径、μm 125
ファイバーバッファ径、μm 250
ビーム開口数(90%の電力) 0.13
ファイバー長、m 0.75~1.2
最小ファイバー曲げ半径、mm 30
閉じる
動作電流(IOP)、A 14
逆電圧、V 2.5
ケース温度、⁰C 5~70
保存温度、°C 30~80

鉛はんだ付け温度(10 s 最大)⁰C

300
相対湿度、% 85
閉じる
PLD-10 Diode Laser Datasheet

PLD-10

アプリケーション

DPSSレーザー励起 材料加工
ファイバーレーザー励起 医療歯科治療
グラフィックアート/印刷 プラスチックマイクロ溶接
照明 太陽光発電
お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。