DWDM、長距離、超長距離

DWDMは、多数のサービスプロバイダーから優先的に選ばれるソリューションです。その帯域幅の容量を最大化することで、既存のファイバーの寿命を延ばし、運用費と資本支出を軽減します。DWDMソリューションはまた、TDM信号とSONET/SDH信号をギガビットイーサネットおよびSANエクステンションとシームレスに統合し、伝送するメカニズムを提供します。DWDMネットワークは、非常に透過的な光ネットワークを実現します。

送電リンクおよび石油、ガス、水道におけるリピータレス光テレメトリー

石油とガスのパイプラインや送電などの重要インフラには、極めて信頼性の高いリアルタイムのモニタリングと制御の技術が必要です。重要なネットワークのモニタリングと制御はますます、光ファイバー線で行われるようになっています。ごく最近の送電リンクの多くは、非常に長距離に及んでいます。水力、風力、太陽光などの再生可能なエネルギー源からの発電の場合、生成されるエネルギーと消費する地域の間が長い距離で隔てられていることがほとんどです。IPGの技術により、テレメトリー通信信号の光再生の必要性がなくなり、これらの重要インフラの所有者とオペレータは高額な資本支出と運用費を節約できます。IPGの垂直統合型製造プロセスは、光増幅器のサプライヤーの中でもユニークです。IPGは、当社のファイバーレーザーと増幅器のコア技術であるアクティブファイバーと半導体励起ダイオード双方の性能、コスト、生産高を管理します。この垂直統合により、IPGは、雑音指数が非常に低く、世界で最も高い出力の光増幅器を製造できます。

  Repeaterless Optical Telemetry in Electrical Power Transmission Links

Long-haul Optical Transmission in Submarine Communication Links

海底通信リンクの長距離光伝送

世界最長の光通信リンクの一部は水中にあり、海底通信ケーブルで世界の大陸をつないでいます。光増幅は、これらのアプリケーションを実現するための重要な技術です。IPGは海底ケーブルリンクで利用可能な最高出力の増幅技術を提供します。その中には、三次分布ラマン増幅に使われる5ワット、1,276 nmのラマンレーザーが含まれます。

   
     

メトロおよび長距離高密度波長分割多重(DWDM)

DWDMは光ネットワークの容量を拡張する技術であり、サービスプロバイダーは帯域幅の容量を最大化することで、既存のファイバーネットワークの寿命を延ばし、運用費と資本支出を軽減できます。IPGは、エリビウム添加光ファイバー増幅器(EDFA)やラマンレーザーなど、DWDMアプリケーションに対応する幅広い高出力製品を提供しています。また、Optical Services Transport Platform(OSTP)と呼ばれるDWDM伝送システムも用意しており、80チャネルまで拡張可能でシンプルかつ柔軟なソリューションをサービスプロバイダーとプライベートネットワークオペレータ向けに提供します。このソリューションは、マルチプロトコルクライアントを光伝送ネットワーク信号(チャネルあたり毎秒10、40、100ギガビットで動作)に集約および多重化します。

  long haul DWDM
お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。