ブロードバンドアクセス

FTTP(Fiber to the Premise)アプリケーションは、ファイバー回線を家庭や企業のすぐそばまで敷設することで、サービスの世界をエンドユーザーに広げます。IPGは、パッシブ光ネットワーク(PON)、BPON(ブロードバンドPON)、EPON(イーサネットPON)、GPON(ギガビットPON)など、この市場のさまざまな光ネットワークアーキテクチャをサポートする一連のエリビウム添加光ファイバー増幅器(EDFA)製品を開発してきました。

IPGのEDFA技術は、世界中のケーブルテレビネットワークに展開されています。IPGのEDFAは、長距離伝送のために光RF信号をコスト効率よく増幅し、光信号を分割して複数のパスに送ることができます。接続している各加入者にさらに大きい専用帯域幅を提供できるように、CATVノードのサイズが小さくなり続ける中、複数の波長がCATV配信ネットワークに展開されて、既存のHFCアーキテクチャでのネットワークセグメンテーションが実現しています。IPGの高出力シングルモード増幅は、雑音指数が非常に低く、これらのDWDM CATVアプリケーションの歪成分を排除し、4光波混合を最小限に抑えます。IPGは、CATV伝送ネットワークで使用されるシングルモードの励起型シャーシベースのEDFAを提供して、ヘッドエンドから、200 km以上離れた場所まで最小限の歪みでCATV信号を送ることを可能にします。  

EDFA technology

FTTH(Fiber-to-the-home)ネットワークは、どのブロードバンドネットワークに接続した加入者にも、利用可能な最高の帯域幅を提供します。多くのFTTHネットワークでは、光RF信号が接続済みの各ユーザーに送信され、通常、アナログ放送とデジタル動画がサポートされます。この技術は、波長オーバーレイと呼ばれます。光RF信号が伝送用ファイバー上の第3波長に多重化され、光増幅に最適な光Cバンドに常駐するためです。この信号を増幅し、FTTHネットワーク内の各パッシブ光ネットワーク(PON)に送信するために、EDFAが使用されます。IPGのマルチポートEDFAは、このアプリケーション向けに業界最高の出力密度を実現するので、物理的なラックスペースと電力が最小限で済み、アプリケーションのコストが節約されます。IPGのマルチポートEDFAは現在、世界最大のFTTH波長オーバーレイネットワークの一部に展開されています。  

FTTH network

お問い合わせ
お客様のご要望に適切に対応できるよう、主要地域に海外拠点を展開しています。ご不明な点や資料送付をご希望の場合は、各拠点にお問い合わせください。